株式会社岡本バランス研究所|整体治療院

整体・スポーツマッサージ専門治療院|福島県須賀川市

代謝が良すぎると太れない?食べても太れない人の原因

このコラムでは、代謝が良すぎると太れないのかについて解説します!そもそも代謝とは何か、食べても太れない人と生まれつきや遺伝との関係性とは。太れない体質を改善するための方法、男性と女性の違い、ストレスとの関係性までご紹介していますので、最後までご一読ください!

代謝とはなに?代謝がいい人は太れないの?

代謝とは何か?基礎代謝は?

代謝(Metabolism)とは、生命活動を維持するために体内の化学反応のこと。これには、栄養素の消化、吸収、輸送、そしてこれらの栄養素をエネルギーへ変換するプロセスが含まれます。代謝は大きく分けて二つの過程があり、「異化作用(カタボリズム)」と「同化作用(アナボリズム)」に分類されます。異化作用は体内で物質が分解されエネルギーが生成される過程であり、同化作用はそのエネルギーを使って体内で新たな細胞や組織を作り出す過程です。

基礎代謝(Basal Metabolic Rate, BMR)は、最低限のエネルギー消費量を指します。これには、呼吸や血液循環、細胞活動、体温維持など、生きていくために必要な基本的な生理活動が含まれます。基礎代謝は全エネルギー消費の大部分を占め、個人の年齢、性別、体重、筋肉量などによって異なります。平均的な基礎代謝量は、「基礎代謝基準値(kcal/kg体重/日)×参照体重(kg)」で計算できます。

代謝がいい人は太らない?原因とは

代謝が良い人は、体内でのエネルギー消費率が高いため、摂取したカロリーを効率的に消費しやすいとされます。これは、筋肉量が多い人、若年層、遺伝的要因などによって代謝率が高くなっている傾向があります。筋肉は脂肪よりも多くのエネルギーを消費するため、筋肉量が多いほど基礎代謝率は高くなります。その結果、代謝が良い人は太りにくい傾向があります。

しかし、代謝が良いからといって、過剰なカロリー摂取や不健康な生活習慣が許されるわけではありません。カロリー摂取が過剰であれば、代謝が良くてもエネルギーの余剰分は脂肪として体内に蓄積されます。また、年齢とともに基礎代謝は自然と低下するため、生活習慣や食習慣を見直すことが重要です。

太りにくい人の5つの特徴とは

太りにくい人には、以下のような特徴が見られることがあります。

高い基礎代謝率

筋肉量が多い人は基礎代謝が高く、安静時でも多くのカロリーを消費します。筋肉は脂肪よりもエネルギーを多く消費するため、筋肉量の多い人は太りにくい傾向にあります。

遺伝要因

体質には遺伝が大きく関係しており、両親や近親者が太りにくい体質の場合、その特徴を受け継いでいる可能性があります。

食事の好みと消化吸収の違い

高繊維質で低脂肪の食事を好む人や、消化吸収率が低い人は太りにくいです。また、満腹中枢が敏感で少量の食事でも満足感を得やすい人も太りにくいです。

生活習慣

日常的に活動的で、運動習慣がある人はカロリー消費が多く、太りにくいです。

ストレス耐性

ストレスによる過食傾向が少ない人や、ストレスを上手に管理できる人は太りにくいと言えます。

食べても太らない体質ってあるの?生まれつきなの?

「食べても太らない体質」は存在し、これは生まれつきの遺伝的要因が関与しているとされています。遺伝子は基礎代謝率、食欲、食べ物からのエネルギー吸収率、脂肪の蓄積しやすさなど、体重に関連するさまざまな側面に影響を与えます。

しかし、体質だけが全てではありません!生活習慣、食習慣、運動習慣なども体重に大きく影響します。たとえ遺伝的に太りにくい体質であっても、カロリー摂取が過剰であったり、運動不足であったりすると、体重は増加します。逆に、太りやすい体質であっても、バランスの取れた食事と適度な運動を心がけることで、健康的な体重を維持することは可能です。

「食べても太らない体質」は、一部が生まれつきの要因によるものですが、その人の生活習慣や運動習慣も大きく関わっています。体重管理には、遺伝だけでなく、日々の選択が重要です。

遺伝要因は大きいですが、生活習慣・食習慣・運動習慣で体質を改善させることができます!代謝をコツコツとコントロールしていきましょう。

食べても太れない人とは?代謝がいい人が太る方法

食べても太らない体質を何というの?

「食べても太らない体質」には、特定の医学的名称があるわけではありませんが、一般的に「高代謝体質」と呼ばれることがあります。高代謝体質の人は、摂取した食物が効率的にエネルギーに変換され、余分な脂肪として蓄積されにくい特徴があります。この体質は、遺伝的要因や日々の活動量、筋肉量などによって影響されます。

食べても太れない、太りたいのに太れない原因

食べても太れない、太りたいのに太れない状態にはいくつかの原因が考えられます。

太りたいのに太れない!考えられる要因
・高い基礎代謝率:体がエネルギーを消費する率が高いため、多くのカロリーを摂取しても体重が増えにくい場合があります。
・筋肉量が多い:筋肉は脂肪よりもエネルギーを多く消費するため、筋肉量が多い人は太りにくい傾向にあります。
・遺伝的要因:家族の中に同様に「食べても太らない」体質の人がいる場合、遺伝的な要素が関係している可能性があります。
・食事の内容:カロリーが高いものを食べていても、栄養バランスが偏っているか、または体に必要なエネルギーよりも消費が上回っている場合、体重が増加しにくいです。
・消化吸収の問題:消化器系の疾患や栄養吸収の問題があると、食べた食物の栄養が十分に体内に吸収されず、体重が増えにくいことがあります。
・ストレスや精神的要因:ストレスが多いと、食欲不振になることがあります。また、過度のストレスは消化器系の機能に影響を及ぼし、栄養吸収を悪化させる可能性があります。
・過剰な運動:運動量が多すぎると、消費カロリーが摂取カロリーを上回り、体重が増加しにくくなります。

太りたいのに太れない場合、まずは栄養バランスの取れた食事を心がけ、必要に応じて消化吸収を助ける食品やサプリメントを取り入れることが大切です。また、原因が明確でない場合は、医師や栄養士に相談することをお勧めします。

太れない人(男性・女性)の違いってある?

太れない原因は男性と女性で若干の違いがありますが、基本的なメカニズムは共通しています。遺伝的要因、基礎代謝率、活動量、食習慣、精神的ストレスなどが関係しています。ただし、性別によって体の構造やホルモンバランスが異なるため、体重に影響を及ぼす要因には以下のような違いがあります。

ホルモンの違い

男性はテストステロンの影響で筋肉がつきやすく、基礎代謝率が高くなる傾向にあります。女性はエストロゲンの影響で脂肪を蓄えやすくなるものの、筋肉量が男性より少なく基礎代謝が低めです。しかし、女性でも太れない人は、筋肉量に関わらず高い代謝率や他の要因が影響している可能性があります。

生理周期の影響

女性は生理周期によってホルモンバランスが変化し、それが食欲や体重に影響を及ぼすことがありますが、太れないという悩みに直接関連することは少ないでしょう。

太れない場合に考えられる病気はあるの?(男性・女性)

太れない原因として考えられる病気には性別にかかわらず以下のようなものがありますが、特定の病気が男性や女性に特有というわけではありません。

・甲状腺機能亢進症
甲状腺ホルモンの過剰分泌により基礎代謝率が異常に高くなり、多くのカロリーを消費してしまうため、太れない原因となることがあります。

・糖尿病
特に1型糖尿病では、インスリンの不足により体がエネルギーを適切に利用できず、体重減少を引き起こすことがあります。

・消化器系の疾患
クローン病やセリアック病など、消化吸収に問題を引き起こす疾患は、摂取した栄養が適切に吸収されないため、体重が増加しにくくなる原因となります。

・心理的要因
過度のストレスや不安、抑うつなどが食欲不振を引き起こし、結果として体重が増えにくくなることがあります。

太れない場合、特に体重減少が急激であったり、食欲不振、消化不良などの他の症状が伴う場合は、医師に早めに相談しましょう。

太れない体質を改善したい!代謝がいい人が太る方法とは?


太れない体質を改善し、健康的に体重を増やすためには、食生活の見直し、適度な運動、生活習慣の調整など、総合的なアプローチが必要です。代謝が良い人が太るための方法を以下にまとめます。

①カロリー摂取量を増やす

健康的な脂肪(ナッツ、アボカド、オリーブオイルなど)、炭水化物(全粒穀物、果物)、たんぱく質(魚、肉、豆類)をバランス良く摂取しましょう!また1日3食だけでなく、間食を取り入れることで、一日の総カロリー摂取量を増やします。

②栄養バランスに注意する

単にカロリーを摂取するだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素もバランス良く摂ることが重要です。筋肉量を増やすためには、適量のプロテインの摂取もオススメ。筋トレと併せて、プロテインシェイクや高たんぱく食品を摂取しましょう。

③適度な運動を取り入れる

筋肉量を増やすことで基礎代謝をある程度抑え、健康的に体重を増加させることができます。週に2〜3回の筋トレが推奨されます。有酸素運動はカロリー消費が高いため、体重増加を目指す場合は量を控えめにし、筋力トレーニングに重点を置きます。

④生活習慣の見直し

成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉の回復と成長に必要な十分な睡眠をとりましょう!ストレスは食欲に影響を及ぼすため、リラクゼーション技法、趣味、適度な運動などでストレスを管理します。

体重を増やすことは、即効性のあるものではなく、時間と努力が必要です!健康的な方法で体重を増やし、維持するためには、栄養バランスの取れた食事と適度な運動を継続することがポイントです。

太れない人と痩せすぎとの関係とは?

痩せすぎとはどれくらいの状態?

痩せすぎとは、必要最低限の体脂肪量や体重が不足している状態のこと。具体的には、ボディマス指数(BMI)が基準とする数値以下である場合に痩せすぎと判断されることが一般的です。成人においては、BMIが18.5未満を痩せ型と定義しています。BMIは体重(kg)を身長(m)の二乗で割った値で、体重と身長の関係から体格を評価する指標です。

痩せすぎのサインはある?

痩せすぎにはいくつかの明確なサインがあり、これらは身体的、精神的な健康状態に影響を及ぼす可能性があります。主なサインには以下のようなものがあります。

痩せすぎで考えられるサイン
・過度の疲労感:十分なエネルギーがないため、常に疲れやすく感じる
・免疫力の低下:頻繁に風邪をひくなど、病気にかかりやすくなる
・生理不順や生理停止:女性の場合、体脂肪率が低すぎると生理周期に影響が出ることがあります
・寒がり:体脂肪が少ないと体温を維持するのが難しくなり、常に寒さを感じやすくなる
・髪の毛や爪の健康状態の悪化:栄養不足は髪の毛や爪の健康に影響し、脱毛や爪のもろさの原因となることがあります
・集中力の低下や気分の変動:十分な栄養が脳に供給されないと、集中力の低下やイライラといった精神的な問題が生じることがあります

これらのサインは、体が十分な栄養を得ていないことの警告信号です!健康的な体重を維持するためには、バランスの取れた食事と適切な運動が重要です。痩せすぎが心配な場合や上記のようなサインが見られる場合は、医師や栄養士に相談し、健康的な体重増加のための指導を受けましょう!

代謝が良すぎると太れない?に関連する質問(Q&A)

痩せている人、太っている人と「遺伝」の関係性とは

体型や体重に関しては、遺伝が大きな役割を果たしています。人の体重や体脂肪の量、基礎代謝率などは、遺伝子によってある程度決定されており、親から子へと特徴が受け継がれることがあります。研究によると、BMI(ボディマス指数)の約40%〜70%は遺伝による影響であると推定されています。

考えられる3つの遺伝についてお伝えします。1つ目が「体質の遺伝」です。親が痩せている場合、子供も痩せやすい体質を持つことが多いですし、逆に親が肥満傾向にある場合、子供も太りやすい体質を受け継ぐ可能性があります。

2つ目が「代謝率の遺伝」です。基礎代謝率は遺伝によって影響を受けるため、家族間で代謝の速さが似ることがあります。これは、エネルギーを消費する速度に関わり、太りやすさや痩せやすさにつながります。

最後に3つ目が「食行動の遺伝」です。食欲の強さや満腹感を感じる閾値など、食べ物に対する行動や嗜好も遺伝的な要素があるとされています。

大食いなのに痩せている人の理由とは?

テレビ番組でもよく目にすると思いますが、大食いでも華奢な人がいます。大食いでも痩せている人がいるのは、以下のような理由によるものです。

・理由1:高い基礎代謝率
体が日常生活で消費するエネルギー量が多いため、多くの食事を摂取しても余分な脂肪として蓄積されにくい。
・理由2:筋肉量が多い
筋肉は脂肪よりも多くのエネルギーを消費するため、筋肉量が多い人は多くのカロリーを消費します。
・理由3:活動量が多い
日常的に身体活動量が多い人は、消費カロリーが摂取カロリーよりも多くなるため、痩せています。
・理由4:消化吸収の効率
個人の消化吸収能力には差があり、同じ量を食べても、体に吸収されるカロリー量が少ない人もいます。
・理由5:遺伝的要因
代謝の速さや食後の満腹感に影響を与える遺伝子のバリエーションにより、食べても太りにくい体質の人がいます。

これらの要因は、個人差が大きく、同じ量の食事を摂取しても体重や体脂肪に対する影響は人によって異なります。大食いであっても痩せている人は、上記の理由に加え、健康的な代謝機能を維持するために、バランスの取れた食事や適度な運動が重要です。

胃下垂の人は太れないのはなぜ?

胃下垂とは、胃が正常な位置よりも下に垂れ下がる状態のこと。これにより、胃の形が変わり、胃の動きが鈍くなることがあります。胃下垂は、筋肉の弱さ、急激な体重減少、長期間の姿勢の悪さ、遺伝的要因などによって引き起こされることがあります。

胃下垂自体は病気ではなく、身体の構造上の特徴と考えられていますが、場合によっては消化不良や腹部の不快感を引き起こすことがあります。胃下垂の人が太りにくいとされる理由には、以下のようなものがあります。

・早い満腹感
胃の位置が下がると、食事の量が少なくても満腹感を感じやすくなります。その結果、少ない食事量で満足してしまい、カロリー摂取量が自然と少なくなる傾向にあります。

・消化不良
胃の動きが鈍くなることで、食べ物の消化が十分に行われない場合があります。消化吸収が効率的でないため、食べたカロリーが体に吸収されにくくなることがあります。

・不快感による食欲減少
胃下垂に伴う腹部の不快感や胃もたれが、食欲を減少させる原因となることがあります。

食べてるのに痩せる!ストレスとの関係はあるの?

食べていても痩せる現象には、ストレスが大きく関わっていることがあります!ストレスは身体に複数の影響を及ぼし、以下のような理由で体重減少につながります。

・代謝率の増加
ストレスにより体は「戦うか逃げるか」の状態になり、これが代謝率を一時的に高めることがあります。その結果、通常より多くのカロリーを消費し、体重が減少することがあります。

・食欲の減少
ストレスは食欲を抑制するホルモンの分泌を促すことがあり、食欲不振の原因となることがあります。また、精神的な不安や悩みが食事への興味を失わせることもあります。

・消化吸収の問題
長期的なストレスは消化器系の機能に影響を及ぼし、栄養素の吸収効率を低下させる可能性があります。

ストレスが原因で体重が減少している場合は、ストレス管理のための対策(リラクゼーション、運動、十分な睡眠、趣味など)を取り入れることが重要です。また、食欲不振や消化吸収の問題が続く場合は、お医者さんへの相談も早めに検討しましょう。

記事のまとめ:代謝が良すぎると太れない?について

ここまで代謝と体重との関係についてお伝えしました。代謝が良すぎると太りにくいのは確かですが、健康状態は人それぞれ個人差があります。あまり周りの人とは比較せずに、自分自身が生活の心地よい健康状態を探してあげましょう。本コラムを参考に、改善できることがあれば取り入れてみましょう。ご相談もお気軽にお待ちしています!

「岡本バランス」では、「身体の痛みや不調」のご相談を承っています!お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事の執筆者(監修)

岡本バランス研究所|施術スタッフ
福島県須賀川市にある、スポーツマッサージ&整体院。開業から15年以上、一般の方からアスリートまで延べ10万人の方々の施術を行なっている専門治療院です。国家資格である柔道整復師の資格を保有したスタッフが丁寧に、腰痛、肩こり、坐骨神経痛など一般的な症状から、身体の痛みやお悩み改善まで幅広いご相談を承っています。